ロコ・ロンドン金取引

「ロコ」とは「~において」、「~渡し」といった意味で、「ロコ・ロンドン金取引」とは本来、「ロンドンにおいて金を受け渡しする取引」という意味です。しかし、日本でロコ・ロンドン金取引と呼ばれるのは、「ロコ・ロンドン取引と称する金取引」であって、本来の取引とは全くの別物です。その仕組みは、顧客が業者に証拠金(保証金)を預け、業者がその証拠金をもとに、証拠金の何十倍もの取引を行う「証拠金取引」で、現実にロンドン市場で金の現物が買い付けられているわけではなく、あくまで差金決済の指標としてロコ・ロンドンが用いられているにすぎません。

ロコ・ロンドン金取引は証拠金取引であるため、ロンドン市場の金価格が期待どおりに変動した場合には大きな利益を得ることができますが、予想に反した場合には大きな損失が発生し、また、損失が最初に支払った証拠金を上回るおそれがあります。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

フリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

自分が悪いと諦めないで、弁護士にご相談ください。

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/